幼児期は主観の世界!

我が家から車で10分程の所に”ららぽーと”があります。その直線上に”IKEA”、更に足を伸ばすと”OKストア”と続きます。

週に一度、孫を”IKEAでホットドッグ食べようね!”と誘い、主人を運転手に買い出しのはしごを楽しんでいます。孫がホットドッグをおいしそうに食べる姿に、”いつまでこうして付き合ってくれるかしらね!?”と ジィジとバァバ…

食べ終わった途端”じゃあ ぼくはもう帰るね!”‥自分の用は済んだという事でしょうけど孫はまだ4歳です、一人で帰れる筈ありません。 

幼児期は主観の世界にいますから、何でもできる、何にでもなれるという万能感に満ち溢れています。“大きくなったら何になりたい?”と尋ねると”アンパンマン””お姫様”のような可愛いお答えが次々に返ってくるのもこの時期の特徴です。やがて、客観的に自分を見つめられるようになり、“なりたいもの”と“なれるもの”は違うという事もわかってきます。

アリスベビーシッター・アリス家庭教師