母と娘のピアノ連弾

”恋はみずいろ”(ポール・モーリア編曲)

中学受験の結果を持って、お母さま、おばあ様と共に教室を訪ねてくれたHさんです。

6年前、アリス卒業の時に抱いていた夢は目標となり、その目標に向かって前進するHさん。誠実な受け答えと、背筋が伸び凛とした姿はあの頃のままです。

これからの人生「順風満帆」であって欲しいと願いますが、生きるという事は様々な困難に出合うという事です。夢や希望は自分で探す物、その目標に向かって努力するのも自分です。何があっても、どのような試練が待ちうけようとも”この子だったら大丈夫・・”確信を持ってそう言えます。

ピアノが得意なHさんは受験勉強の合間にピアノを弾いて気分転換をしていたそうです。この日、お母様と連弾で”恋はみずいろ”を演奏してくれました。高橋先生と共に”うっとり‥”幸せなひと時でした。