(社福)横浜訓盲院障害児施設 クリスマス会

2016/12/19(火)18:00~

今年も、チャリティグッズの売り上げ金と支援して下さる方たちからお寄せいただいた寄付金を合せ、10万円を(社福)横浜訓盲院障害児施設で暮らす子ども達にクリスマス献金として届けて参りました。

アリス・チャリティの会では、(社福)横浜訓盲院障害児施設で暮らす子どもたちのことを一人でも多くの方に知って頂き、子どもたちが胸を張って堂々と、そして活き活きと地域で自立することを願い、支援活動をしています。

施設内食堂にて
施設内食堂にて

地元有志の方がサンタに扮装し、ひとりひとりの名前を呼んでプレゼントを手渡します。”自分宛てのプレゼント!”こんなことは年に一度のこの日だけ。待ちに待ったひと時です。

私たちが親から当たり前のように普通にして貰っていることを、ここで暮らす子どもたちはして貰っていません。名前を呼ばれるのをひた向きに待つ表情、名前を呼ばれプレゼントを受け取る時の感極まる喜びの表情。子どもたちから教えられることばかりです。

横浜訓盲院はキリスト教主義の障害児施設です。宗教担当の先生が祝福の祈りを捧げます。